本のタイトルで思う事

 

今の時期、不安な人がやはり多いのかしら?

 

本屋さんの棚を見ると、
「不安なあなたへ」シリーズ
「人間関係で悩んでいる人」シリーズ

それに合わせて、並んでいる本のタイトル

 

 

 

「〇〇の法則」

「これだけはやってはいけない」

「これだけやっていたら大丈夫」

「〇〇の方法」

「〇〇のルール」

「こどもは褒めて育てる」

「こどもを褒めたらダメになる」

 

 

確かに、手っ取り早く出来そうな気がしますね
今の状況に変化が生まれるかもしれない予感がする本

 

私も何冊か読みました^^
その時はなんとなくいい感じにもなりました。
けどね
それで全て解決したかっていうと
う〜ん 違うような〜気がするの。

 

そこで少し思ったのですが、
自分で何も考えずに、本の言葉通りにやるのはなく。
しっかりとした大切な言葉だけキャッチして、
解説を読まずに、言葉から受ける感性で受け取ると
もっと良いのかもしれないな。
きっと、文字に頼り過ぎて自分で考える事を
しなくなっていたのね。

 

だったら、偉人の大切な言葉や
聖書の言葉を読むのがジワっとくる。

 

 

神様は私たちに、
成功してほしいなんて思っていません。
ただ、挑戦することを望んでいるだけよ。


マザー・テレサ

 

 

 

関連記事

  1. 「無」から「有」へ

  2. 使命って?

  3. アンチエイジング食

  4. 九紫火星・吉方位旅行

  5. NHK子供番組に手が止まる

  6. ワードプレス!!

  7. 尊厳

  8. 魂レベルを上げましょう

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。