初めて書く家族

 

初めて家族の事を書きます。

 

今まで、なぜ書かなかったのかというと・・
お仕事に家族の事を書くという
必要性を感じなかったので、
単に、書かなかっただけですよ^^
そして、家族のことは公共の場に出した時、
読み物として楽しい物なのかな??とか思ってたの^^

 

それでは、なぜ書こうと思ったか?
書くことによって、より具体的に、よりリアルに
血の通った実体のある自分の事として
受け止めて下さったらありがたいと思いました。

 

背景がないと、ただの綺麗ごと
いわゆる「理想論」だけと感じるのかなって思いました。
そして、もう一つの大きな理由があります。
父が緊急入院したことです。

 

何度か入院はしていましたが、
私にとって、この入院は想像以上にダメージが大きい。
年齢も81歳
いくつかの臓器に癌があり、今回は気管に癌が発生です。
昨日も1日病院に付き添って、父と話をしました。

 

沢山チューブに繋がって、点滴を受けているのに
私の家庭の事や仕事の事ばかり心配しています。
呆れるほど、ありがたい。
笑って「患者は自分の事を考えて下さいね〜」
父に言いました。

 

治療方針が決まったら、落ち着きますが
入院したばかりは、手続きや準備が色々ありますね。
実際のところ、緊急入院したけど、
処置出来る機械がないから、転院して手術してから
また、戻ってくるという事になりました。

 

いつもは、気丈に振舞っている父ですが、
年齢と、呼吸困難という恐怖がつきまとっているので
そっとお水にレスキューナイトを入れて帰ってきて、
そして、私もレスキューナイトをとったら
なんども繰り返して考えちゃう恐怖を緩和させてる事が、
よくわかって、助けられてます。植物は偉大です

 

手術前後は、水分も点滴なので、
今日はレスキュークリームを持って行きます^^

 

 

 

 

 

 

 

関連記事

  1. 天体を味方に付ける習慣

  2. はみ出せないと、生み出せない

  3. 光と闇

  4. 選択肢がある

  5. 東国三社めぐり 1

  6. 自分のルーツを辿る旅 3

  7. 視点を変える

  8. ニューカレドニア 吉方位旅行

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。