自分のルーツを辿る旅 2

 

こんにちは ありさ です。

 

自分のルーツを辿る旅の続き

 

今日(10/1)父から電話がありました。
いつもだったら、何度も咳き込みつつ、
息苦しそうに話すのに、驚くほど元気な声。
張り切って連絡してきました(笑)

 

「もしもし〜!!
今、北海道の友人から電話があってね、
北海道の勇足で移住開拓記念パーティー
やってるんだって〜!
徳島にお墓参りに行った同じタイミングで
北海道でお祝いしてるなんて驚いたよー!」

 

めっちゃ元気だし。。(笑)
驚くのはお父さんの元気さです(笑)

 

元気なのは良い事!良い事!
ありがたい。ありがたい。

 

「そうなんだ〜凄いタイミングだね。
私は、お祖父ちゃんのお墓参りして
徳島の事を報告してきたよ」

 

良かった。良かった。

 

自分のルーツが判明し、歴史が繋がって、
そして父も私も存在する。心強くもあります。
自転車のおじさんに会わなかったら、
成し遂げられなかったこの旅。
台風が近づいていたので、予定の半分以上
取り止めて帰宅しましたが、
全く悔いなく、納得して、満足して
帰宅できたのもありがたい事です。

 

 

誰もが「自分とは何者なのか?」
一度は問う時があると思います。
自分と向き合う時、
自分のルーツを知る事はとても重要。

 

自分の中に、代々受継がれた成分を知って、
その要素があるんだと気づく事によって、
受け入れて、手放す事も出来るから。

 

この旅、覚悟して行きました。

 

自分に向き合わないと、
他者と関われないと思ったから。

 

いつまでも自分の内側の物を
外側に投影する人生になると思ったから。

 

本当は、嫌なのに

本当は、怒っているのに

本当は、悲しいのに

 

まぁ大した問題じゃないからって
笑って済ませてきた。
自分の内側と、出している表現の乖離。

 

このズレ、溝が深くあればあるほど、
自分の魂を傷つけている。
慢性化していると傷の痛みすら気づかない。
気づかないほうが都合が良い。

 

一旦、気づいてしまうと。。
激痛で壊れちゃうから。

 

そのような事を考えながら旅して来ました。

 

ずっと悶々としてたわけじゃなく(笑)
お墓参りの後は、自分の楽しみも入れて、
大谷焼きの窯元見学もしましたよ。

【水琴窟】
水の滴る音が響き、何とも言えない音色

暫く、椅子に腰掛けて、
音の響きに耳を澄ましていました。

ちびっこちゃんを連れて帰って来た^^
本当は、非売品だったけど譲ってくれました。

 

つづく ・・かも(笑)

関連記事

  1. 天体を味方に付ける習慣

  2. 家族と仲間の支え

  3. ヴォイストレーニング

  4. 使命

  5. まぜまぜ エネルギー注入!

  6. 敬老の日

  7. 過去の記憶から未来へ1

  8. スピリチュアルな自己探求

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。