自分のルーツを辿る旅

 

こんにちは ありさ です。

台風が日本列島をなぞるように進行してますが
被害が最小で済むことを祈るばかりです。

 

この週末、初めて四国に行って参りました。
なぜなら、現在、父が自宅療養中で、
私がお見舞いに行くたびに、
自分が生きてきた歴史を語り、
家系のルーツを話してくれます。
その話の流れで出てきた、
古い戸籍の写しがこの旅のはじまり。

 

父は、北海道出身。
古い戸籍は読めない旧漢字と言い回し。
しかもコピーで字が潰れて読めない。
その戸籍を見ながら祖先を遡っていくと
徳島県から北海道へ移住した経緯がある事を
初めて知って驚きました。
徳島県に自分のルーツがあるなんて。。

 

ルーツに繋がるその土地に行ってみたいと思い、
現在あるかどうか分からない先祖のお墓参りに
行って来ようと、親戚に連絡してお寺を探して
辿り着いたのが「巡礼地19番の立江寺」です。

【社務所では。。】

昔、お寺は火災にあったようで台帳も焼失。
あと10年早かったら、前住職が北海道移住の話を
よく知ってたよと言われました。

 

でも、ここまで来たからには、
自分の目でお墓を確認したいので、
三ヶ所に分かれている墓地の地図を書いて
頂き、いざ出発しました。

握りしめてヨレヨレになった地図(笑)

しかし、この地図。。どの道かわからない。涙
どっちに行っていいかわからず、
困って立ちすくんでいたら、
自転車に乗ったおじさんが、すーっと隣に来て
私に声を掛けてくれました。
この自転車おじさんがキーパーソン!

 

「どこいくの?わかる?」

「徳島県から北海道へ移住した
先祖の墓を探しています。」

「あー!
その昔の話はよく聞いたことがあるよ。」

 

それは、それは丁寧に道順を教えてくれました。
だって。。この田んぼ道・・

延々と続く田んぼ道、一本間違ったら迷子です。

こんなに歩くと思わなかった。。
レンタカーするべきだったと何度悔やんだか

ようやく一つ目の墓地を発見〜〜!と思ったら、
さっきの自転車おじさんがまた来てくれたの!

 

「あれ?」

「あれから気になって、間違ったら悪いし、
もう一ヶ所墓地があるから見てきたよ。」

 

なんと!おじさんったら
私より先回りして次の墓地の場所を確認し、
私を案内する為に戻って来てくれました。

ありがたい。。涙

 

昔は「〇〇家」と墓石に彫ってなく、
戒名が彫ってあったので見つけるのは
無理だなと途中から気づきましたが、
私がこの場に行く事に意味があるので、
蚊に刺されつつ・・涙
汗だくになりながら探しましたが、
お墓は見つかりませんでした。

 

その後、おじさんに「この辺りの人は赤石という港から北海道へ出港した」と話をして下さり。

 

あっ!行かなくちゃと思い、行ってきました。
お寺のご住職には、
港に行っても何もないよと言われましたが、
この自転車おじさんの話が私を惹きつけました。

何があるかどうかもわからないけどね。

 

が、しかし。。
行くと。。本当に何も無い。。笑

疲れ果てた。。。

 

何かないかとキョロキョロしたら
初めてコンビニ発見〜〜!!

 

まぢ嬉しい〜〜〜 涙

休みたい〜〜〜〜 涙

助かった〜〜〜〜 涙

 

。。と思って横断しようと・・

その先に!!

その先に!!

あれ?なんか記念碑がある。

近寄ってみると。。

出港碑だー!!よーく読むと・・

「北海道十勝国本別の勇足に入植」
って書いてある〜!!

鳥肌が立って号泣しました。
「北海道十勝本別勇足」は父の出身地であり、
父の会社名も「十勝」なのです。

ここから北海道に向けて出港したんだと
胸が熱くなって、古い戸籍をもう一度見たら、
出港した先祖と父の誕生日が同じ11月8日だった。

 

すぐに父に電話して報告したら、
「そうか、そうか、出港記念碑を見つけたのか。
ありがとう。ありがとう。」と電話口で泣きながら
喜んでくれました。

 

当時、徳島から北海道へ向かう気持ちは
どんなだったのだろう。

つづく

関連記事

  1. 「幸せ」ちゃんと見えてますか?

  2. 天体を味方に付ける習慣

  3. 東国三社めぐり 1

  4. 過去の記憶から未来へ1

  5. Beauty Branding はじまりました

  6. 使命

  7. 「無」から「有」へ

  8. 自分の中の陰陽

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。