BACH FLOWER REMEDIES

 

バッチフラワーレメディとは、お花を原料に用いたエッセンスを飲むことにより、
ストレスやマイナス感情を和らげる製品です。

 

1936年にイギリスの医師であり、細菌学者、病理学者でもあった、
エドワード・バッチ博士により開発されました。

 

医師であったバッチ博士は、患者の治療に取り組むうちに、
患者の性格や精神状態が、病気の治癒に大きな影響を及ぼしていると言う事実に気付きました。

 

そして、病気を根本的に治療するため、また根本的な病気予防を行うためには、
『健康な精神』が不可欠であるとの確信を得ました。

 

真の健康の鍵となる『感情・精神の安定』を得るためのシンプルで害の無いナチュラルな療法はないかと、
医師としてのキャリアを捨て、日夜研究に励むことを決意したのです。

 

そのバッチ博士は、ある自身の経験から、花に不思議なエネルギーがあることを感じ取ります。
そして、特定の感情や精神状態をなだめるのに特定の草花が有効であると言うことを体系付け、

さまざまな不調の原因はマイナス感情と関係があることに気付き、長年の研究の結果、人間の持つ感情や性格のパターンを38種類に分類し、それぞれの感情を癒す38種類のお花を苦心の末、次々に発見していきました。


したがって、バッチフラワーレメディは、
さまざまな感情や心の状態や性格のタイプに対応しており、穏やかに心と身体のバランスを取り戻すのを助けてくれます。

もちろん、お薬ではないので、直接身体の症状に働きかけるということはありませんが、
心の状態が改善されることによって、個々の人間・動物に本来備わっている自然治癒力がもたらされると言われています。

 

開発から70年以上経った現在、製品は、バッチ博士が開発をした場所である、
イギリスのバッチセンター周辺の草花により母液が製造され、
150年以上の歴史があるイギリスのネルソン社でボトリングされています。

 

60カ国以上で年間800万本以上10mlボトル換算、レスキューシリーズ含)販売されています。
日本では約15年前より販売され、現在全国で700店以上のお店で販売されています。

【特徴】

完全に無害で副作用がない
薬ではありませんので、赤ちゃんからお年寄りまで安心して使うことができます。
もし間違ったレメディを選んでも、効果が現れないだけで、害や副作用は全くありません。

 

習慣性がない
飲みすぎるということや、長期間使っているうちに効果が薄れるということはありません。

 

他の薬やセラピーと併用できる
どんな薬や治療やセラピーとも併用できますので、
普段通りの生活を続けながら服用することができます。
ただし、薬ではありませんので、医学的治療が必要な場合は病院へ行くことをお勧めします。

したがって、バッチフラワーレメディは、
さまざまな感情や心の状態や性格のタイプに対応しており、
穏やかに心と身体のバランスを取り戻すのを助けてくれます。

もちろん、お薬ではないので、直接身体の症状に働きかけるということはありませんが、
心の状態が改善されることによって、
個々の人間・動物に本来備わっている自然治癒力がもたらされると言われています。