過去の記憶から未来へ3

【 シリーズ 過去の記憶から未来へ 3】

 

前回は、親戚のおばさんからの思いがけない一言でした。

シリーズ 

 

今日の過去の記憶は、少し大きくなって小学生〜中学生の頃。

いつになったら、明るい話になるのかって?
私も困っちゃう
だって、ずっと、ずっと根暗で陰気な子供だったんだもん

 

 

幼稚園、小学生は、言葉というものを使わずに過ごしていました。

だから、連絡帳には

「いつも大人しいありちゃん、もっと積極的になって欲しいです」

「遠足では、笑顔が見られました」など

「笑顔」が見れらた珍しい子供。

 

そんな私、絵を書く事は大好きでした。

決して上手では無いけど、賞を頂いた時は、嬉しくてちょっと心が動きました。

そして、少し自信を持ちました。
そんなちっちゃな自信を持ちかけた頃、消防車の写生大会がありました。

張り切って描いた真っ赤な消防車。

 

背景の色に迷って、消防車の赤が一番目立つ色に決めました。

 

 

 黄 色 

 

 

早速、職員室からお呼び出し

「なんで、こんな色を使ったのか?」

「後ろに黄色が見えたのか?」

 

ずっと質問ぜめ

 

・・・・

 

答えに困りました。

 

じゃあ何色が良かったのか、正解を探しました。

みんなの絵をチラッと見たら、青空の色が正解のようです。

そうか、みんな同じような絵が良いのか。

このような事は、中学生にもありました。

 

お題 「100㎡ 住宅の間取りを書きましょう」

 

子供の頃から間取り図は大好きで、新聞のチラシを見て、ワクワク想像していました。

夜も眠れず考えて、何回も書き直して出来た夢の間取り図!!

張り切って先生へ提出しました!
はい お呼び出しです(笑)

 

てっきり、褒められるのかと思ってたら

「これは何?」「なんで、これが家にあるの?」 質問ぜめ。

 

私の書いた間取り図

家の中に大きな噴水を入れました。

 

これが先生の目に引っかかったようです。

 

私の渾身の未来の自宅。

今でも頭の中にあるので、ほぼ書けるくらいです。

 

「光」と「風」だけを考えた間取り。

方角を考えて不思議な所に大きな窓でガラス張り。

歩く動線を考えて、風が自然に循環するように考えました。

噴水は、なぜか置きたかったのです。

 

水が循環して、風が通り、光の輝きがある家

 

理想的でしょ?(笑)

 

 

周囲と違った作品は、お咎めがある、そしてお呼び出し。

なんとなく、書く事が面倒になりました。

自分の内側にあるものを、絞り出し一生懸命表現しても、

いちいち「これは何?」「どうして?」「この色は違うでしょ」

「こんな所にこれ?」と否定されました。

表現する事が嫌になりますよね

 

 

だんだん暗くなってきたので、続きは次回にいたしましょう(笑)

 

 

 

関連記事

  1. 挑戦し続ける

  2. 加圧トレーニング

  3. 自分のルーツを辿る旅 3

  4. 気づいた小さな違和感を大切に

  5. なぜ石なの?

  6. 過去の記憶から未来へ1

  7. 自分のルーツを辿る旅 2

  8. organic コールドプレスジュース

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。