ゲシュタルトの祈り

 

こんばんは ありさ です。

 

先日の講演会でとても理解が深まった内容です。
なぜ病になるのか、どうしたら治癒するのか

 

クリニック光のいずみ院長 
自然療法医 石川眞樹夫 先生

 

人間が病を得る最初の一歩は、
自分らしさの喪失、統一的な自己の喪失にある。

無意識に自分本来のありかたと矛盾する考えを
受け入れる事や、自分の肉体に相応しくない
食事を摂り続ける事。

親や教師に押し付けられた「偽りの義務感」などに
自分に対して不正直な行動をとり、
自分の中に相矛盾する欲求を保つ事。

これらすべてが自己の統一性を破壊し、
私たちが個人として統一されひいてはこの世界で、
自然と他者と調和協調して生きる可能性を失わせます。

私たちは、大自然の一部として、
また人間らしい創造的存在として生きる事で、
はじめて真の健康を回復し、自由と喜びにあふれた
人間本来の「あり方」を経験出来ます。

 

 

まさに、先生の仰る通りだと思いました。
個としてのオリジナリティを無視した姿は
自己統一の破壊
それによって自己否定が進み、どんな事も
他人の顔色を伺うようになってくる。
自分に自信が持てないし、断れないし、
褒めらても素直に受け取れない。
結果、自分がどうしたいのかも分からない。

 

十分、実体験済みです(笑)

これを続けてたら、病気になりますね。
病が居心地良い状態だもの。
ここぞとばかりに病が集まって、
ネガテイブ引き寄せはバッチリです。
そうならないためには。。。

 

 

Trust
自分との信頼を繋ぎ直す事がとても大切

 

 

他人の顔色を伺う事なく
自分の気持ちのまま自由な選択ができるので
自己肯定感が上がります。
あの時、あ〜していたらと後悔しなくなる。
このワークを順序立てて構築します。

 

(自己診断リスト)
・頼まれたら、無理でも断れない。
・褒めらても「そうかな〜」って思う。
・自分に自信がない。
・みんなが良いだろう状態を優先する。
・譲ること謙虚さは、美徳だ。
・空気を読む事が得意。
・相手に断定されると、そうかなと思う。
・失敗するのが怖い。
・緊張しやすい。
・こうしなくちゃという思いがある。
・期待に応えようと無理して頑張る。
・社会的な成功が自分の価値だと思う。
・無理して相手に合わせる。
・失敗したら、自分のせいだと思う。
・孤立が苦手。(何かに所属していたい)

*一つでも思い当たる節がありましたら、
自分を取り戻して、自分を生きる事に
シフトしていきましょう。

 

 

心理学を学んだ時、ずっと心においてある
ゲシュタルトの祈り。
とても大切なので、良かったらご一読下さい。

 

(ゲシュタルトの祈り)

Ich lebe mein Leben und du lebst dein Leben.
私は私のために生きる。あなたはあなたのために生きる。

Ich bin nicht auf dieser Welt, um deinen Erwartungen zu entsprechen –
私は何もあなたの期待に応えるために、この世に生きているわけじゃない。

und du bist nicht auf dieser Welt, um meinen Erwartungen zu entsprechen.
そして、あなたも私の期待に応えるために、この世にいるわけじゃない。

ICH BIN ich und DU BIST du –
私は私。あなたはあなた。

und wenn wir uns zufallig treffen und finden, dann ist das schön,
でも、偶然が私たちを出会わせるなら、それは素敵なことだ。

wenn nicht, dann ist auch das gut so.
たとえ出会えなくても、それもまた同じように素晴らしいことだ。

フレデリック・パールズ

 

 

==================
facebook「クリスタルの音」
https://goo.gl/GRGTMz

無料メルマガ Healing Mail
登録: https://goo.gl/JXofvo

Email: arisa6958@gmail.com
==================

関連記事

  1. 自分のルーツを辿る旅 2

  2. Beauty Branding はじまりました

  3. 美容コスメ

  4. 人生の棚卸し バッチフラワーレメディー1

  5. ビューティー・ブランディング

  6. 加圧トレーニング

  7. スピリチュアルな自己探求

  8. B・B  〜途中経過〜

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。